Moonlight Dream

PSO2で過ごした日々をのんびり書き綴っていければと思っています。

零式いろいろ

確かになかなかの再現度
6月に入り、セブンイレブンが撤退した空き店舗が しまむら に変わりました(笑)。
うんうん、しまむら関係者があまりの再現度に吹いたというのも分かります。ここまで出来れば文句は出ないと思います。今週末(18日)からはリアルのTシャツも販売になります。またルーサーとマトイが店内放送を担当するというどうみてもカオスな企画など、よく通ったなあとちょっと思っちゃいます。
Tシャツ何枚か買いに行きがてら、もちろん店内放送も聞きに行く予定です。

動画配信の方は…結局画質をだいぶ落としてお送りしております。といっても、FPSは60なのでヌルヌルと動いて見えるはずです。twitchは Android・iOSのどちらでもアプリがダウンロードできるので、動画を見るならそれを使ったほうが良いように思います。ただ夜10時前後はやっぱり動画が止まってみることあるような気がします。これは多分こちらの回線の問題なのでちょーっとどうしようもなさそう。

さて、6月に入っていろいろまた追加要素がありました。今までのパターンですと、新作コスを着せてみたー…になるところですが、今回それは後回しにして、PA/テクニックに新たに加わった零式の感想を少々。

さて、今回追加された零式は
・アザーサイクロン零式
・デッドリーサークル零式
・ケストレルランページ零式
・インフィニットファイヤ零式
・零式ゾンデ
・零式ナ・ザン
の6つです。とうとうテクニックにも零式が追加され始めました。

このうちデッドリーサークル零式ですが、両剣は主に兄が担当する武器でもあるため、軽くそちらで使ってみました。結論から言うと、これは黙ってカスタマイズでいいんじゃないかなー。
というわけで珍しく兄が出張
全方位にガードポイントが付いたというのは伊達ではなく、多数に囲まれている状況でも安定して攻撃できます。カスタマイズ前は当たり判定がスカスカ(武器にしか当たり判定が無いため)でしたが、零式は範囲内であればダメージを与えられているので、あからさまにダメージを与える数字の数の出方が増えている印象です。

続いてエリス担当のが2つ。
いつもより多く回っ(以下略
まずはアザーサイクロン零式。もともとエネミーをホールドしたまま振り回す技で、その基本コンセプトに変わりはありません。ただボタンを押しっぱなしにすることで、カスタマイズ前より長い時間 振り回せるようになり、その威力も増しました。ホールドできずに光の玉を振り回す場合も、押しっぱなしでの延長は可能です。これも黙ってカスタマイズで良いんじゃないかなあ。
総合的に火力上がりました
そしてケストレルランページ零式。もともと畳み掛けるような連撃でダメージを多く与えられるPAでしたが、それがさらに盤石になりました。ただしギアゲージMAXで使うのが大前提です。そしてPAはゲージ全消費で発動します。それでもギアゲージMAXで使えば、オーバーエンド並の大きなフォトンの刃を両手で振り回し、広範囲に大ダメージを与えられるようになりました。最後にタゲっていたところにブレードが降り注ぐところまで当てきれば、かなりのダメージが期待できると思います。
ギアゲージ全消費っていうのは魔装脚のヴィントジーカーと似てますね。ゲージ貯めるにはヘブンリーカイトを使えばいいので、飛翔剣でも全消費に特に問題はありません。それでも全消費する以上、PA発動直後にフォトンブレードは投げられません。そこだけ注意ですが、基本的に黙ってカスタマイズで良いような気がします。

続いてエラン姉さんの担当。
インフィニティファイアは Ep2で猛威を振るいましたが、その後、スキル「SロールJAアタック」やガルド・ミラの潜在能力とともに大きくその威力を減衰し、使い所が全く無いPAに成り果てていました。
最初は地味な始まり
カスタマイズすることでボタン連打をする必要はなくなり、ボタンを押しっぱなしにすることで技が進むようになりました。最初は両手の銃を交互に撃ち出します。元の技の動きよりペースはかなり遅め。そのまま押しっぱなしにすると、横に大きな蹴りを出した後…
うん、別PAですね
この派手なフィニッシュを決めます。ただこれの射程は決して長くないので、できるだけターゲットとの距離を詰めて使わないと当たらないと思っていいです。フィニッシュが出る前にボタンを離すと、そこで蹴るだけで終わりになります。このフィニッシュがPAのダメージの半分を占めており、これを当てられなければPAを使う意味がなくなります。
このPA…ボタン押しっぱなしだからなのか、チャージPA扱いの挙動をします。つまりメインガンナーが「TマシンガンアーツSチャージ」を覚えている場合、別PAからJAで出すことにより、最後のフィニッシュだけを出すことが可能になります。デッドアプローチやグリムバラージュといった突進系の技からJAでつなぐと、かなり大きなダメージを一瞬で与えられることになります。
面白い挙動だし、最近このPAは使われていなかったはずだから、遠慮無くカスタマイズして良いように思います。

そして今回はエレナ担当も追加されました。といってもさすがにPAカスタマイズからではなく、テクニックカスタマイズから実行できるものとなっています。
このままではカスタマイズ解除です
まずは今回唯一の問題児。零式ゾンデです。派手な電撃に見えますが、これの当たり判定がかなり怪しいです。ゾンデなら当たっていたところに当たりません。特に閉口したのはヴァーダーソーマ(ビッグヴァーダーの上のも同様)で、ブースターや砲塔・中央部展開しての大型砲塔…いずれにもダメージが与えられませんでした。
イル・フォイエのようにチャージ中は移動ができなくなるというリスクありなのに、この使えなさには泣けてきます。これは多分バグであり、これが解消されないかぎり、零式へのカスタマイズはお勧めできません。私は今週のバグ情報で、このテクの挙動が話題に挙がらないようなら、カスタマイズを戻す予定です。

※8月加筆
書き忘れていました。零式ゾンデの当たり判定は7月の始めのアップデートで 無 告 知 で 修正されており、今はまともになっています。さすがに無告知はどうかなー?と思っちゃったりもしますが、上に書いた不満は解消されていました。
こちらは主力で使えそうな予感です
気を取り直して、最後は零式ナ・ザン。もともとのは自分のすぐ前に風の衝撃波を発生させてダメージを与えるというものでした。射程が非常に短いため使うとしたらテクターのほうがその機会は多いかなと思います。エレナは近接脳なところもあるため武器スロットにいつもセットしてました(笑)。
それが零式になると、中射程の風の球体を撃ち出すテクに変わりました。微妙な射程なのですが、うまく当てるとそこで球体は停滞し連続でダメージをかなり与えてくれます。もちろん複数が巻き込まれれば、各々にダメージを与えます。
実際使ってみるとなかなか良好な威力で、東京XHでもソロで問題なく多数のエネミーをさばくことが出来る優れたテクニックに生まれ変わりました。こちらはそのまま主力で使い続けると思います。

ここ最近ずっとサモナーだったので、久々にフォースやったら楽しかったエレナです。
ただ…零式ゾンデは本当にいただけない。そもそも雷系テクは非常に癖があり、素直にターゲットを攻撃できるのは、実はゾンデだけなのです。このため、これがその用途で使えなくなると、結構致命的だったりします。これのカスタマイズを考えた人は…PSO2プレイしたこと無いのかもしれませんね。

拍手[0回]